本が読み放題!?Kindle Unlimited は絶対的におすすめ。

オススメ
スポンサーリンク

2016年の8月3日より、「Kindle Unlimited」というAmazonの新しいサービスがスタートしました。

恥ずかしながら僕がこのサービスを知ったのは何を隠そうきのうの夜でした。どうやらとんでもないサービスのようなので、少し紹介したいと思います。

すげくね?定額で洋書含め100万冊の本が読み放題って。破壊的価格設定!

驚くべきは月額利用料「980円」!

小説一冊でも700円くらいするにもかかわらず、月額で980円読み放題とは、もはや2冊で元がとれてしまう計算です。

僕自身は本をあまり読まないのですが嫁氏が本の虫ですので、このサービスを知らせた時には狂喜乱舞しておりました。そしてその日は興奮冷めやまず、多数のタイトルから一冊を決めることができないまま終わっていました。

小説以外にも漫画や雑誌、教本など本当に様々なジャンルの本があります。ぼくの欲しかったWordPressの教本なんかもちらほら。大好きなBRUTUSやバイク雑誌なんかも。

とにかくこれがまとめて読み放題なんで尋常じゃないサービスです。

スポンサーリンク

デメリットも多少はあります

一度にダウンロードできるのは10冊まで

好きな本があれば際限なくダウンロードできるのかというとそうではなく、一度に10冊までしかダウンロードすることができません。

といってもそこまで難しいことではなく、読み終わったら「利用を終了」を選択するだけです。

そしたらまた新しい本が読めるということです。

全てのタイトルが読めるわけではない

Kindle ストアの電子書籍は様々なタイトルを配信していますが、Kindle Unlimitedでもその全てのタイトルが読めるというわけではありません。

対応しているものはKindle Unlimitedの文字が入っているものに限ります。その対応数が100万冊越えなわけですから、豊富なラインナップには違いありません。

電子書籍の為、紙独特の良さがない

これは電子書籍すべてに言えることですが、どうやら本の虫と言われる人々は「紙」媒体独特のめくる感や音、感触が好きなようですのでそれを味わうことはできません。

僕のような本そこまで好きじゃない人にとっては、本を置くスペースは空くし、暗闇でも読めるし、軽いし最高なんですけど。

そんなデメリットを考えてもやはりおすすめ

1日に一冊やそれくらい本を読むという人や、通勤時間に本を読む人、いろんな本を読んで視野を広げたい人などにとっては、「読み放題」というシステムは非常におすすめだと思います。

そして、僕なんかのような本をあまり読まない人にとっても、本を読む一つのきっかけになるのではないでしょうか。

と思っていざダウンロードしようと思ったら、すでに嫁氏が10タイトルダウンロードしていてできませんでした…あとで交渉します。

今なら30日間無料お試し期間あり

最近のサービスにはなんにでもありますね。もちろんKindle Unlimitedにもありました。30日間は無料ですので無料期間で試してみて、気に入ればそのまま更新すればいいし、あまり読まなければ30日が来る前に解約しておけばいい話ですから。百聞は一見にしかずということで、皆さんもお試ししてみてはいかがでしょうか。

AmazonのHPはこちらから!

※自動更新ですので料金を発生させたくない人は30日目が到来する前に解約するのを忘れずに!

 

コメント